インビザラインについて詳しく知りたい方はこちら

【iMac2019】magickeyboardにテンキーは必要?購入時の思わぬ注意点!

こんにちは、ミカコです。

先日うちにiMac2019がやってきました!

iMacはカスタマイズしたいので、Appleの公式サイトから購入しました。

かなりカスタマイズのことは調べたので全体的には満足なのですが、購入時に「こっち選べばよかったー」と後悔していることが2つだけあります。

これからiMacを購入しようかな〜という方は、この記事を読んでいただければ参考になるかと思います!

思わぬところにiMacを快適に使えるかどうかが、かかっていたりします(あとで知りました)。

iMac購入時に選んだカスタマイズ

 

まずは、わたしが購入のとき選択したカスタマイズをご覧ください。

 

私が決めたスペックはこちら

のちのち市販のメモリを増設できるのと、IllustratorやPhotoshopを使用するためモニターは27インチにしました。

最初のうちはメモリ増設はしない(まだiMac2019が出たばかりで、互換性があるメモリの公式発表がいつになるかわからない状態だったため)ので、なんとなく16GBを選んでおきました。

オット
なんとなく…?

今までMacBookでブログを書くときには画面いっぱいに管理画面を映し、でタブを変えてリサーチした画面やメモを見ていましたが、iMacは画面が大きいのでウインドウをいくつも開いていても全然邪魔にならず、めちゃくちゃ快適です。

MacBookの設定をTime Machineでバックアップし、そのままiMacに移行することにより、最初から使い慣れた環境で作業することもできました!

しかし…上記のカスタマイズの中で、2つ失敗したことがあります。

それは内部のカスタマイズではなく、周辺機器の選択でした。

iMac購入時の失敗①Magic Mouse2を選んだこと

 

MacBookを使っていたわたしにとって、Trackpadはとても使いやすいものだった…にもかかわらず、Magic Mouse2を選択してしまいました。

Trackpadでひとつだけ、「何行も大量に選択するとき」がやりづらくて、マウスがあればなーと思っていたんです、試したくって…。

それにこのつるっとしたかわいいフォルム!

絶対、マウスのほうが動かしやすいという方もいるはずです。

でもわたしにとってはやっぱり普段(ネットサーフィン、ブログ執筆)で使うのはTrackpadの方が断然使いやすかったのです…。

というわけで、あとからTrackpad2を購入しました。

 

ミカコ

多分両方買うんだろうな!とは思っていたけど…(オイッ)

iMac購入時の失敗②Magickeyboardにテンキーをつけたこと

 

わたしは仕事をしていたときはWindowsで必ずテンキー入力をしていたため、なんとなくあったほうがいいだろうと思い深く考えずにテンキー付きを選択していました。

確かに、テンキーは便利です。

数字を連続して打ち込むときはすごく便利…。

でも!

わたしの使い方(主にブログを書く)だと、数字を打ち込むより圧倒的に文字を打つほうが多いんですよね、ちょっと考えればわかることですが。

オット
ちょっとじゃなくてだいぶ考えてから買いなよ…

実は、MacBookを使っていたときのキーボードとトラックパッドの位置が最高に使いやすかったのです。

キーボードのすぐ下にぴたっと収まったこの配置!

すごく操作しやすい考えられた配置だったんですね…。

しかし、iMacではこの配置はできません。なぜなら同じように置いてみると…

Trackpad2でかーーっ!

いや、大きいのは使いやすいんですよ、広い範囲もささーっとポインタを動かせるし!

 

しかしこのTrackpad2の厚みが…

段差になってしまって、手前にTrackpad2を置いたままキーボードはまず打てません。この配置はわたしには無理でした…。

 

iMacのMagickeyboardとTrackpad2の理想的な配置とは

 

実は理想的な配置はこうなんですよきっと!

しかし、右手のホームポジションからTrackpad2までの位置が遠いんです。くうっ…!

苦肉の策でこんなことしてみたり↓

いやもう、これなんですよ、理想的なのは…テンキー部分にTrackpad2を置く!!

これが一番打ちやすい。でもさすがにこのまま使うのはないですけど。

つまりわたしにテンキーは要らなかったみたい、ていうかテンキー周りにあるキーも使いこなせてないです(涙)

あとから知ったのですが、こういうのも欲しかった↓

絶対2つくっつけたほうが、ぴたっとしててかっこいい。

 

テンキー付きのMagickeyboardとTrackpad2の配置はこう!

 

わたしの場合ですが、使いやすい位置はこうなりました。

ななめっ…!

ななめなの、iMacに似合わない!

しかもこの黒いの何っ!!

…いや、この黒いのがですね、すごくいいんですよ。

iMacにおすすめの周辺グッズ①Trackpad2をのせるマウスパッド

 

黒いのの正体はこれです。

もともと、マウスパッドなんですけど、サイズ的にもTrackpad2にピッタリ!

横から見るとこんな感じ。

手首のところが低反発クッションになっていて、痛くないし全然疲れないです!

そして、裏側全体が滑り止めになっているので、机の上でずれづらいのもグッド!

もうななめに置いちゃってる時点でアレなので、見た目より使いやすさを重視しています。

実際、この配置でこのクッションつきマウスパッドがあるのが一番使いやすいです。

完全に使用用途が違っていますが、これは思わぬ発見でした!

iMacにおすすめの周辺グッズ②ブルーライトカット!画面保護プロテクター

普通液晶画面を保護するのは、貼るシートタイプのやつですよね。

これは、固くて上から引っ掛けるタイプなので、気泡が入ってやり直し!ということもなく快適です。

ミカコ
いやそもそも、27インチの保護シートなんて、大きくて上手に貼れる気がしません…

もしものときに画面が傷つくのは絶対イヤなのと、ブルーライトカットのためですがこれは買ってよかったです!

iMacにおすすめの周辺グッズ③Magickeyboard用カバー

 

今までの写真、何もカバーはかけていないように見えますが、実はちゃんと透明なカバーがかかっています。

MacBookのキーボードカバーはすぐに浮いてきてしまって、汚れも目立つのでちょっと失敗したな〜と思っているのですが、これはその心配はなし。

とっても薄いシートなので、打鍵感の邪魔にならず、指あたりもいいです。

MacBookもこのシリーズがあれば買いたいのにな〜と思うくらいですが、形状的に無理があるかな。

 

まとめ:テンキーが必要なときは別売りを買う選択肢もあり

 

というわけで、わたしのiMac購入の失敗談でした。

iMacユーザーの方で「いや、テンキーあっても使いやすいよ!」という方も大勢いらっしゃると思います、これはもうそれぞれの感覚なので色々なご意見があると思いますが、わたしとしてはテンキーを使用する頻度が限られるため、「テンキーなし」にすればよかった、という感想でした。

それでも上記の配置で慣れてきて、一応快適に使えていますよ。

そのうちこのキーボードが故障などしたら、買い換えるときは絶対にテンキーなしだと思います。

テンキーを多く使うときは別売の小さいものを繋げればよかったんだよね、とも今更思います。

 

超どうでもいい話なんですけど、iMacのある生活が快適すぎて、日中外に出ないため体重が3キロも増えてしまいました…。

リビングの一角が仕事スペースになりました。

となりには愛犬プータンが寝るスツールがあります。

 

コーナーで、27インチのモニターでも置ける机をすごく探しました。

わたしが使用しているiMac用のデスクはこちらです。足元も広くてお気に入りです。

 

【web内覧会】わたしのブログ執筆環境。主婦の部屋公開!【ブログ作業部屋】