MENU
ミカコが受けた歯列矯正体験談はこちら

部屋の片付けが苦手な人必見、「片付け」のモチベーションを上げる本【おしゃれな収納も】

こんにちは!(@mikakolife)です。

忙しい日が続くと、部屋の中が雑然としてくる…てことありますよね?

ミカコ
…えっ!わたしだけですか?
(そうじゃないと信じたい)

仕事中、留守番してくれていた子どものために、早く帰ってご飯を作ろう、と家のドアを開けると…

年子姉妹が喧嘩しながらマイクラ(ゲーム)をやっていて、あたりにはお菓子の袋やカスや、飲みかけのコップ、次女が出して読んではほっぽる本、ぬいぐるみ、着替えたのにそのままのパジャマなんかが散乱していて、キィーーーー!となってしまいます。

でもこれ、キィーーー!となっているときのほうが正常。

あ〜、もういいや、先にご飯を作ってから…先に洗濯物を畳んでから…お風呂に入ってから…ま、いっか、明日になってからで。

とやっているうちに、その【雑然とした風景 】がいつしか【当たり前】になってしまい、「とりあえず置いてあるもの」で部屋が埋まっていってしまう…

こうして雑然とした部屋の出来上がりです。

いやーーー!恐ろしいですね!!

今回は、こんなふうに後回しにせずに、

今すぐ絶対片付けたくなるおすすめの本を紹介します。

まずは、ものをなくすことから。捨て変態の本!

 

最初から衝撃的な本を紹介します。

自らを「捨て変態」と呼ぶ、ゆるりまいさんの
『わたしのウチには、なんにもない。』です。

ゆるりさんは、その名の通り、「捨てる」ことにとりつかれた変態なんだそうです。なんにもない、がらーーーーーーーんとした空間が好きで、少しでも要らないものがあると(いや他の人から見たら要るものでさえ)、処分してしまいます。

この本の4分の3くらいは、ゆるりさんによる漫画で構成されていて、なぜ捨て変態になったのか、もとは汚部屋だった過去から遡り、変態になっていく様子が(って言い方もなんだかアレですが)面白おかしく、ときに切なく描かれています。

そして残りのページでは、カラーで実際のゆるりさんの「なんにもない家」が紹介されています。

すごくキレイ!モノが少ない!(ていうか殆ど無い)

「持ち物はすべてお気に入りのものだけにすること」を実践しているので、少なくて、質の高いものしかない。
(人からは殺風景ともいわれるそう)

そして、モノが少ないと、掃除しやすい。

こんな暮らしも、できるんだ!と目からウロコになること間違いなしです。

2作目はもっとモチベーションが上がります!

ゆるりまいさんの2作目では、実際にモノが全然ないおうちでどんなふうに暮らしているのか、全編カラーで、イラストや写真が多くわかりやすい読み物になっています。

わたしは部屋にモノが増えてくると、
この本を見て頭の中にこれを基準にするんだ!とインプットして、
モチベーションを上げています!

ゆるりまいさんは、初めはブログで部屋を公開していて、書籍化された方です。
1作目が大ヒットしたことから、この後も本がシリーズ化されています。

「ときめき」理論で大ヒットした本

 

言わずもがなのベストセラーで、わたしの心に火が付きました!

この本は、

・ひとつひとつ手にとって、自分がときめかなかったら、サクッと処分!
・片付けは「祭り」であって、毎日するものではない

という理論(他にもありますが主軸はこれ)に従って、実際これを参考に、わたしは3年前に「祭り」を決行しました。

もうそれこそ、本棚やオットの使っていなかった机、もう読まない本着ない服やバッグ使っていないけどなんとなく置いてあったものは全部、ほんっとうにたくさん処分して、少なくなったものがちょうどよく収まる収納グッズを、すべて無印で揃えました。

それで現在の基本のおうちの形ができあがるのですが、やはり子どもが二人いると、知らない間にすごくモノが増えていって、増えるたびにわたしが要らないものを捨てるので、子どもたちからは「ママ、捨て魔!」と恐れられています(笑)

要らない服の見極め方を掘り下げた本

 

こちらもベストセラー。

地曳いく子さんという、少しご年配の(って言ったら失礼ですが)著者なので、オーバー30の方におすすめの本。

バリバリ第一線のスタイリストさんだったので、少し凡人とはかけるお金が違うかもしれません。

しかし、「どんな服を買えばいいか」「どんな服は処分していいか」を「ときめき」だけではなくきちっとした理論で教えてくれるので、むやみに服が増えることがなくなりました。

インテリアの参考になる本

 

あとの2点も、ブログから書籍化された本です。

北欧テイストのインテリアに憧れて購入しました。

人のお家見せてもらうの、ほんと楽しいですよね!
それが収納やインテリアにこだわられている方ならなおさら、お手本になります!

わたしの部屋のウォールステッカーも、こちらの本を参考に探しました。
リビングや、洗面所にも貼るほどお気に入りです。

まとめ

以上、うちにある片付け本(バイブル)をご紹介しました。

 

部屋が片付いていないと

集中力が落ちる⇒仕事効率が下がる⇒ブログ作業量が減る⇒夢の実現が遠のいてしまう

ので、わたしは日頃からこんな本でモチベーションを上げて頑張るようにしています!

どうしても片付ける気にならない…とい方にはぜひ!読んでいただきたいです。

 

 

【おしまい】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Twitter
SHARE